授産品販売

菓子製造

菓子製造の作業風景

 菜の花では、小麦粉やお砂糖の計量や調合から、袋詰めや熱処理袋綴じまで利用者さんが中心になって製造しています(※オーブンの使用など、危険の伴うものはスタッフが行っています)8種類の味があり、選ぶのに困ってしまいます。

 ご家族で召し上がられるほか、贈答用やイベント景品用としてもご注文をいただいております。

 クッキーは30g入り¥100-、65g入り¥200-ですが、ご用命に応じてグラム数や内容などを変更させていただくことも出来ますので、ご相談ください。プリン等のご注文もお待ちしております。

8種類のクッキー

プリン

年中大人気のプリン、夏場につるりと食べることができるゼリー。やみつきになりますよ♪

マドレーヌ2

マドレーヌ。ティータイムのおともにいかがですか?

シフォンケーキ。季節によって味が変わります。(写真は菜の花カフェのものです。)

まずはあいさつの練習から。

 エプロンに着替え、まずは接客用語の練習から。「いらっしゃいませ。」「少々おまちください。」「ありがとうございました。」など、お客様にお伝えするあいさつを練習します。最初はなかなか大きな声が出ませんでしたが、毎日繰り返して練習して、大きなこえが出るようになってきました。

米田計量

分量、あってるかな?

 菜の花のお菓子作りは、材料の分量の計量から。

 砂糖・小麦粉・ベーキングパウダーなどなど、製造に関するものは利用者さんが指定の分量を1グラム単位できちんと量り、それらを混ぜ合わせて作っていきます。

 写真はわらびもちゼリーを作るための水量り。きちんと合ってるかな?

こんこん、ぱかっ♪

 菜の花名物、手作りプリン。

 卵を割って、白身と黄身を分けて、規定の分量にしていきます。時々黄身がわれてしまうこともありますが、今回はうまくできて、会心の笑顔♪

 この後、卵を溶いて、牛乳などを加えていきます。

小林スタンプ

賞味期限もきっちりと。

 賞味期限の日付けスタンプも利用者さんのお仕事。

 カレンダーをみながら、「この商品の賞味期限は…○月○日!」と確認。スタンプの日付けを合わせて、一枚一枚、丁寧に押していきます。

 スタッフが押すよりも、綺麗に押せてます。

雑貨制作

日用・服飾雑貨・ぬいぐるみなど布の温かみを活かした商品をハンドメイドで作っています。

説明0009

ここで雑貨たちが誕生しています。

 本館2階で雑貨作業を行っています。

 時におしゃべりをしながら、時に寡黙に。

 一針一針を大切にしています。

菜の花雑貨のロングヒット商品です!

持つ方の個性が光る五角形バックです。

ぞうさん。コツコツ手縫いでていねいに作り上げています。

ページトップへ